自動車産業

年間270億ドルの経済影響をもたらす自動車部門は、今や当州の経済に欠かせない要素です。 その結果、組立業者、部品サプライヤー、原材料製造業者など、自動車製のあらゆる面を支えるさまざまな企業がサウスカロライナ州を拠点としています。

きっかけは、BMWがサウスカロライナ州北部の製造工場で組立ラインを開設した1994年にさかのぼります。 20年以上が過ぎた後、サウスカロライナ州は自動車製造業のリーダーとしての地位を確立しています。また、現在は完成乗用車の輸出において米国でトップに立っています。 サウスカロライナ州は現在、完成乗用車の輸出で米国のトップに立っています。 さらに、タイヤの生産と輸出でも第1位で、米国市場シェアの3分の1近くを占めています。

サウスカロライナ州が自動車 / 自動車産業に適している理由

#1 タイヤと完成乗用車の輸出売上高1位 
66,000 自動車産業における就業者数
20,220 自動車産業における2011年から2017年の新規雇用数

「この地域は、極めて高度な熟練労働者に恵まれ、信頼のおけるサプライヤーが集結するネットワーク、近隣の港への便利な輸送機関を含む優れたロジスティクスのインフラも整っています。」

Volker Mornhinweg, メルセデス・ベンツ・バンズ 代表 ヴォルカー・モーンヒンウェグ氏
8.7億ドル 2011年から2017年の投資額
4倍 過去20年間でサウスカロライナ州の自動車産業の規模は4倍に
トップ10 サウスカロライナ州の自動車産業の就業者数は急成長しており、全米でトップ10に入っています。

400以上の自動車 / 自動車産業関連企業がサウスカロライナを拠点としています。

  • BMW Logo
  • Mercedes Logo
  • Volvo Logo

サウスカロライナ州が提供するメリットについて詳細をご覧ください。

サウスカロライナ州は貴社の自動車ビジネスに最適ではありませんか?

AUTOMOTIVE NEWS