サクセスストーリー: The Boeing Company

本社:

イリノイ州、シカゴ

従業員数:

全世界でおよそ160,000人、サウスカロライナ州で7,500人以上。

製品およびサービス:

世界最大の航空宇宙企業であり、商用ジェット機や防衛、宇宙、セキュリティシステムの大手メーカー。 ボーイングは、150カ国以上の航空会社、米国と同盟国政府を顧客とした米国最大の製造輸出企業です。

「新しいプロパルジョンセンターは、ボーイング サウスカロライナの人材に対する当社の信頼、そしてサウスカロライナ州への当社のコミットメントを示すものです。サウスカロライナ州への当社の投資は、ボーイングがお客様からお選びいただける企業となるために、そして優位性を持った高性能な製品を提供することによって将来の航空機市場における需要を獲得するために役立つことでしょう。」

Ray Conner, レイ・コナー氏、ボーイング副会長、ボーイング民間航空機部門会長兼CEO

高い技術力を持つ労働力 / 人材がボーイング・サウスカロライナの成功に貢献し、航空宇宙産業関連企業の急増をもたらします。

ボーイング・サウスカロライナは、2004年にチャールストンのヴォート・エアクラフト・インダストリーズとグローバル・エアロノーティカの2つの企業として始まりました。 20097月、ボーイングは両社の事業を買収しジョイントベンチャーを解散、後にボーイング・サウスカロライナとなるボーイング・チャールストンを設立します。 ボーイングは2009年10月、111,484平方メートルの787ドリームライナー最終組立および出庫施設をノースチャールストンに置くことを正式に決定しました。 今日、ボーイング・サウスカロライナの工場では、ボーイング 787 ドリームライナーの胴体後部の組み立てとシステム設置、胴体中央部との接合、787の内装部品の製造、そして787を最終的に組み立て世界中の顧客に向けて送り出しています。

ボーイング社は従業員が裏付けた労働力 / 人材の実績をもとに、サウスカロライナ州における事業の拡大を続けています。 2014年には、最新鋭の23,783平方メートルの航空機の塗装用格納庫に着工しました。 そして2015年、ボーイングは新しい推進エンジニアリングと組立施設であるプロパルジョン・サウスカロライナをノースチャールストンに開設します。 また、新しいエンジニアリング設計センターとなるリサーチ&テクノロジーセンターとインフォメーション・テクノロジーセンターもチャールストン地区に開設されました。

サウスカロライナ州におけるサクセス

  • ボーイング サウスカロライナは、同社初の100%再生可能エネルギー利用施設です。787型機の最終組立工場の屋根に設置された18,000枚以上の薄膜ソーラーパネルにより、最大20%の再生可能エネルギーが供給されます。
  • サウスカロライナ州で最初に製造されたボーイングの航空機は、2012年10月5日、エア・インディアに納入されました。
  • 2016年2月16日、ボーイング サウスカロライナで製造された100機目の787ドリームライナーがアメリカン航空に納入されました。

Ready to grow your Aerospace business in South Carolina?