立地とインフラ

サウスカロライナ州はユニークな場所に位置しています。海に面し、温暖である一方で、サウスカロライナ州から車で2日以内に到達できる圏内に、米国人口の3分の2にあたる約2億800万人の米国人が住んでいます。この圏内には、米国東海岸の主要な市場や、デトロイト、シカゴ、ダラスなどの都市も含まれています。

当サイトで提供している事業用不動産の検索ツールをご利用になれば、現在取引可能な不動産のリストをご覧いただけます。

事業用不動産の検索

サウスカロライナ州のインフラは、事業が展開しやすくなるよう考慮して整備されています。

SC Infrastructure Map
  • 州間高速道路網

    州間高速道路網

    サウスカロライナ州には5つの州間高速道路が通っており、米国内の東西および南北へのアクセスが非常に便利です。これらの州間高速道路の利便性をさらに高めているのが、約66,000kmの州道です。

    こちらの事業用不動産の検索ツールを利用して、便利な州間高速道路や州道へのアクセスの良い建物や土地の情報を検索できます。

    SC Highway System Map
  • 深水港

    深水港

    チャールストン港は、3世紀にわたって世界交易の基幹港湾として機能してきました。米国南東部およびメキシコ湾岸で最もよく利用されるコンテナ港の一つであるばかりでなく、最も生産性の高い港の一つとしても知られており、クレーン1基当たり1時間に平均40個以上のコンテナを取り扱います。これは米国の港の標準値である25~27個を優に超えています。

    毎年、20以上の船会社が、サウスカロライナ州の港湾を利用し150の国々との間で貨物の輸送を行っています。海運業に適した水深の深さと高い桟橋のおかげで、8,000TEU以上のコンテナ船の入港も可能です。2016年度に、チャールストン港のコンテナ取扱量は179万TEUを記録しました。

  • 空港

    空港

    時間は誰にとっても貴重なものです。サウスカロライナ州内のどこからでも、州に4つある主要空港のいずれかに車で1時間以内に到達することができます。また、北方に位置するノースカロライナ州のシャーロット・ダグラス国際空港、そして南方面ではジョージア州中部にあるハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港、どちらの空港も車で数時間圏内にあります。

  • 鉄道

    鉄道

    毎年7,000万トンの貨物が、サウスカロライナ州の広域にわたる鉄道で輸送されます。2つの第一級鉄道、CSX TransportationとNorfolk Southern、そして7つの独立系鉄道を含む州内の広範な鉄道網は、全長およそ2,300kmに及びます。さらに、パルメット鉄道は3つの一般貨物用鉄道を運営しています:Port Utilities Commission of Charleston(PUCC)、Port Terminal Railroad(PTR)、およびEast Cooper and Berkeley Railroad(ECBR)が運営されています。

    こちらの事業用不動産の検索ツールを利用して、鉄道へのアクセスの良い建物や土地の情報を検索できます。

  • エネルギー

    エネルギー

    サウスカロライナ州は、低コストで信頼性の高いエネルギーの供給を目指し、積極的に取り組んでいます。サウスカロライナ州では、光熱費が全米平均よりおよそ12%安くなっています。水力、原子力、石炭、天然ガス、その他の再生可能資源など、複数のエネルギー源を活用して、効率良い運営活動を維持しています。また、これまでの原子力発電インフラへの投資により、サウスカロライナ州の電気料金は安定しています。

      「チャールストンに優れた港があることに加え、代替エネルギーの利用についても大いに納得できたため、私たちは完璧な自信をもってサウスカロライナ州での事業展開を決定しました。」 –IMO USA、CEO、リュディガー・ウンフェアツァークト氏

    サウスカロライナ州のエネルギーに関連するその他の注目情報:

    • 1970年代の初頭より、温室効果ガスを排出しない原子力を活用
    • サウスカロライナ州の原子力による発電量は全米第3位
    • 5,000万メガワット時以上の電力を原子力で発電
    • 2018年までに、2つの新たな原子力発電所が稼働を開始する予定
  • ネットワーク

    ネットワーク

    サウスカロライナ州には、150万以上の高速回線(少なくとも単一方向で200キロビット/秒以上)が存在し、家庭や事業所をインターネットに接続しています。サウスカロライナ州全域で高速インターネット回線が敷かれています。

    サウスカロライナ州で利用される信頼性の高い世界水準のコミュニケーション・ネットワークは、産業界が必要とするワイヤレス高速インターネットアクセスおよび音声サービスの要件を満たすよう設計されています。このネットワークは、デジタル交換機と、銅ケーブルおよび光ファイバーケーブルで構成され、冗長性によってサービス中断のリスクを回避しています。

    サウスカロライナ州には多くの大手コンピュータ関連企業が拠点を置いています。インテルの米国南東部における中心的な研究開発センターであるコロンビア・デザイン・センターの製品開発チームが、次世代のハイエンド・テレコムサーバーの開発と検証に力を注いでいます。多くの企業にとって、集積コンピュータシステムの設計と保守、あるいはアウトソーシングに関して、地元のエキスパートと協力できることは不可欠です。