米国への事業拡大

サウスカロライナ州Landing Padプログラムは、国際的な企業の米国市場への参入を支援するためのプログラムです。 このプログラムは、初期段階の計画において従業員数10名未満、投資額100万ドル未満の企業を対象としています。 企業は、Landing Padプログラムを通じて、米国での最初の拠点を確立するための適切なコネクションを獲得することができます。 企業がコスト効率よくビジネスを開始できるように、地域の経済開発担当者と密接に協力しながら、知識と経験を持つパートナーやサービス提供会社をご紹介します。 当局は、米国でのビジネスの発展を促す経験豊富な人々とのつながりをサポートし、大規模かつ重要な米国市場で事業を確立する際の不安を軽減することを目標としています。 企業の方は、パートナーを通じて、州内での雇用、給与、取引規制、税金、翻訳などについて適切な料金の信頼できるサービスを見つけることができます。

サウスカロライナ州がビジネスに適している理由

  • 1,200を超える外資系企業の事業がサウスカロライナ州を拠点としています
  • 米国東海岸のほぼ中央、ニューヨークとマイアミの中間という戦略的な立地にあるサウスカロライナ州は、他にはない輸送の機会を提供します
  • BMW、Michelin、Adidas、Mercedes-Benz Vans、Volvo Cars、Fujifilmといった外国企業がサウスカロライナ州に拠点を置いていま